LITALICO研究所 OPEN LAB #6:障害者雇用の現在と未来 - 「自分らしさ」と市場経済のはざまで

Description

LITALICO研究所OPEN LABとは


さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の課題や解決策、未来のビジョンを受講者の皆さんと共に考える学びの場です。

障害や病気のある当事者の方、経済的な困難さや遠方におられる方も参加できる、「オープン」な知のプラットフォームとなるよう、講義における合理的配慮や情報保障を徹底します。

多様性のためのコストを、誰がどう受け止めるのか

自分や家族、身近な人の暮らしを豊かにしていくこと、困っている人の役に立つこと、世の中に対して問いやメッセージを投げかけること。「働くこと」を通して実現したいことは、人によってさまざまです。

また、仕事を通して実現したい目標に近づくために、必要なサポートも人それぞれ異なります。必要な知識や技能を得るためのトレーニング、困った時に相談できる上司や同僚の存在、新しい挑戦をするための資金や設備。一人では難しい困難な大きい目標に直面したときに、私たちはチームを組み、会社をつくり、組織の力で乗り越えてゆきます。

障害や疾患のある人の場合は、症状の種類や程度に応じた環境調整や、周囲の理解がより個別に必要になることもありますが、働く上で誰かのサポートを必要とすること、お互いの得意を活かしあって集団で大きな力を発揮しようとすることは、障害の有無にかかわらず共通していると言えるでしょう。

一方で、企業をはじめとする「組織で働く」ということは、常に金銭的・物理的・人的制約の中での意思決定を求められます。障害や疾患のある人をはじめ、多様な人が安心して働いて活躍できる環境が理想だけれど、そのためのコストを誰がどのように負担するのかという問いもついて回ります。法定雇用率や特例子会社、就労移行支援といった各種制度を調整弁として活用しつつも、市場経済の中で企業はどのように多様で持続的な組織運営を実現するのでしょうか。

「自分らしさ」と市場経済のはざまで 、諦めずに現実解を増やしていく


OPEN LAB第6回の講義は、「障害者雇用の現在と未来」をテーマに、企業経営、就労支援、当事者のキャリア戦略の観点から3人のゲストのお話をお聞きします。

1人目のゲストは、グリービジネスオペレーションズ代表取締役社長の福田智史さん。グリー株式会社の特例子会社であるグリービジネスオペレーションズ株式会社は、社員の約7割が発達障害の当事者であり、個々人の特性を踏まえた職場環境づくりに力を入れながら、仕事を通じ自律的に成長し続けられる会社づくりを目指しています。

2人目のゲストは、LITALICOの昆野祐太さん。遺伝子の疾患で先天性の上肢障害を持って生まれ、幼少より保健師や作業療法士の方など福祉職に助けられた経験から、そうした支援をすべての人が当たり前に受けられない現状に課題を感じ、新卒でLITALICOに入社。就労移行支援事業所LITALICOワークスで障害のある方の就労支援に従事したのち、現在は「LITALICO仕事ナビ」営業部のマネージャーとして、全国の働くことに障害のある方と就労支援施設をつなぐ活動に従事しています。

3人目のゲストは、セールスフォース・ドットコムの松浦杢太郎さん。幼少のころより、先天性小耳症、重度のアトピー性皮膚炎、ASD/ADHDの影響から周囲と馴染めず、いじめ、不登校、うつ病を経験。23歳で企業に就職後、24歳で上司の手引きのもと、初めてADHD/ASDの診断を受けました。その後、徹底的な自己分析と専門医による投薬治療&カウンセリングを行い、企業で働き続けるための自分にあった生存戦略を模索。数回の転職と、起業/売却を経て、現在は同社で障害者採用専任のリクルーティングを担当する傍ら、GIFTED WORKSのアドバイザーも務めています。

自分の特性を理解し、必要なサポートを得ながら一人ひとりが「自分らしい働き方」を追求すること。同時に、市場経済の中で持続的に働いていくための価値を創出すること。理想と現実のはざまで、現場で粘り強い試行錯誤を続ける3人の実践者と共に、障害者雇用の未来について考えていきましょう。


ゲスト講師


福田智史さん
グリービジネスオペレーションズ代表
1979年生まれ。ヤフー、NAVER Japan(現LINE)等を経て、2010年にグリー株式会社に入社。2013年に特例子会社であるグリービジネスオペレーションズ株式会社の代表取締役に就任。2016年度障害者雇用職場改善好事例優秀賞。グリーではファンコミュニティ・プラットフォーム「Fanbeats」の事業責任者を務めながら、特例子会社を通じた精神・発達障がい者の人材活用に力を注ぐ。



昆野祐太さん
LITALICO仕事ナビ マネージャー
1990年生まれ。遺伝子の疾患で先天性の上肢障害を持って生まれる。弟も同じ障害で、日本で2名しかいないと主治医から言われる。幼少より保健師や作業療法士の方など福祉職の方に助けていただき、社会生活ができるようになったが、成人になり、それが当たり前でなく、自分が幸運だったということに課題を感じ、新卒でLITALICOに入社。就労移行支援事業所LITALICOワークスで障害のある方の就労支援に従事。その後、センター長として事業所のマネジメント・新規事業所の開設・行政連携等の業務を実施。2017年より新規事業LITALICO仕事ナビで営業企画の立案や、インサイドセールスチームの立ち上げ、専門家や業界団体との交渉業務を担当。現在は営業部のマネージャーとして各地の営業チームを統括しながら、営業戦略の立案から推進までを担当。 発達障害や精神障害の方にも、補装具のようなものがあれば、より社会参加が進むと思い、技術を使って、当事者の方の生きづらさを解決するべく、業務に従事。


松浦杢太郎さん
株式会社セールスフォース・ドットコム / リクルーター

幼少のころより、先天性小耳症と発達障害(ASD/ADHD)の影響から周囲と馴染めず、いじめ、不登校、うつ病を経験し挫折を繰り返す。 23歳で一般採用にて企業に就職するも、発達障害の影響から仕事が続かず、24歳に当時の上司の手引きのもと、初めて発達障害の診断を受ける。 その後、徹底的な自己分析と認知トレーニング&投薬治療を行い、日系企業で営業実績を挙げ、起業と譲渡を経て、27歳で障害者採用にて外資系企業に転職。 レノボ・ジャパン株式会社でパートナーセールスを経て、現在は株式会社セールスフォース・ドットコムにて障害者採用専任のリクルーターとして活動。 また、発達障害に関する知見を活かし、社会貢献事業であるGIFTED AGENTのアドバイザーを務め、講演活動、当事者支援、発達障害ポータルサイトの立ち上げを行う。

チケットの紹介


本講義への参加方法は3種類ございます。

1. 「当日参加チケット」に申し込み

当日参加チケットを選択し、お申込みください。

1人4,000円・応募多数の場合は抽選となります。
締切後、抽選結果による参加の可否開催をご連絡いたします。

2. 「スカラーシップ枠」に応募(申込締切:12月9日23時59分、選抜結果お伝え:12月11日20時)

通常の「当日参加チケット」以外に、「スカラーシップ枠」をご用意しております。

スカラーシップ枠とは、
・障害や病気、経済的な困難さがあり、参加費のお支払いが難しい方
・本講義に対する学びの意欲が高く、明確な目的を持って参加できる方
を対象にした、公募・選抜制での参加枠です。

スカラーシップ生として選抜された方は、同講義に無料で参加いただけます(遠方の場合は交通費を一定額まで支援いたします)。
講義に参加すること(オンラインでも参加可能)、講義終了後に、講義を受けて考えたことを「講義レポート」として提出いただくことが条件となります。

◎応募方法

  1. チケットの「スカラーシップ枠」をご選択後、お申込みをする。
  2. 後日、LITALICO研究所OPEN LAB事務局から申込みフォームのURLをお送りします。申し込みフォームの必要事項を記入・提出してください。
  3. 審査後、選抜結果を御連絡いたします。
なお、本スカラーシップ枠は、クラウドファンディングサイト「GoodMorning」上で行ったクラウドファンディングで【スカラーシップ応援チケット】 をご購入いただいた方のご支援によって設けられています。

3. 「オンライン受講券」に申し込み

OPEN LAB第1〜9回全講義の内容をオンラインで受講できるチケットです。
お申込していただいた全員に、限定公開のyoutube中継URLを共有します。
各回講義は毎回生中継をするほか、配信終了後も、アーカイブ映像を繰り返しご聴講いただけます。

各講義のテーマ・日程については、以下のサイトよりご確認ください。
https://open-labo.net/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#504105 2019-12-13 07:07:54
More updates
Mon Dec 16, 2019
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
当日参加チケット SOLD OUT ¥4,000
オンライン受講チケット(第1〜9回全講義視聴可能) ¥10,000
スカラーシップ(詳細は本文をご確認ください) ~ Dec 10 12:00 AM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 15, 2019.

Venue Address
目黒区上目黒2丁目1−1 Japan
Organizer
LITALICO研究所 OPEN LAB
184 Followers